ゆうらいふ介護福祉士実務者研修

介護職員実務者研修

 

 

介護福祉士実務者研修とは

平成24年に創設されたこの研修は、介護職員の質の向上とキャリアアップをめざし、実践的な知識と技術の習得を目的としています。 介護職員として必要な介護過程の展開や認知症等について学べ、介護の専門家としてのスキル向上が望めます。

平成25年度より介護職員基礎研修及びホームヘルパー1級は「介護福祉士実務者研修」へ一本化され、新しいキャリアパスでは平成28年度(平成29年1月実施予定)の介護福祉士国家試験から、受験資格として実務経験3年に加えて、介護福祉士実務者研修の修了が義務づけられました。

 

 実務者研修は平成28年度から介護福祉士国家試験の受験資格に義務付けられました

 

 

介護職員実務者研修のキャリアパス

受講対象者

受講資格は特にありませんが、お持ちの資格によって受講免除科目が異なります。
※介護福祉士実務者研修は、介護実務についている方向けの研修ですが、初めて介護について勉強される方でも受講していただけます。お気軽にご相談ください。
通信養成を行う地域:滋賀県全域・京都府全域


取得メリット

介護福祉士国家試験の 受験資格を取得できる

介護福祉士実務者研修を修了すると介護福祉士国家試験の受験資格が得られます。

サービス提供責任者になれる

訪問介護事業所で必ず配置される「サービス提供責任者」になるためには、介護福祉士実務者研修の修了か介護福祉士の資格が必要となります。

たん吸引と経管栄養が学べる

「たん吸引」や「経管栄養」の処置は原則、医療・看護師のみが認められていましたが、現在は、介護福祉士実務者研修を修了し、お勤め先等の指定事業所内での実地研修を受けることで介護職員の方も処置ができるようになる『医療的ケア』の科目が加わりました。


お問い合わせ

資料のご請求は電話またはメールより
特定非営利活動法人ゆうらいふ 事務局  担当 西村 友孝
〒524-0214 滋賀県守山市立田町1231-4  TEL:077-585-4070



ホームヘルパー養成講座生徒募集

PageUP